またやっちゃった・・・。好きな人から返事が来ないメール4パターン

a0002_004054


気になるあの人にメールを送ったのに、なかなか返事が返ってこない。

そんな経験をしたことはありませんか?

やきもきしながら返事を待つ時間はとても辛いものです。

だけどもしかしたら、あなた自身が返事を出しにくいメールを送っているのかも。

今回は、「好きな人にこういうメールは危険です!」という4パターンをお教えします。




■長い

好きな人に伝えたいことがたくさんあるという気持ちは分かりますが、携帯やスマホで長文メールを読むのは大変です。

男の人はだらだらと文章が書いてあるのを見ただけで携帯を放り出したくなってしまいますし、

長文メールを受け取った女の人からは、「こんなに長いメールを送ってくるなんて女々しい人ね」と思われかねません。

できれば3~5行にまとめた短いメールを送りましょう。


■あいさつメール

メールは短めがいいと言っても、「おはよう」「今日もいい天気だね!」だけなどのあいさつメールは言語道断。

相手は「なんでわざわざこれをメールで送ってくるの?」と思い、何と返信すればいいか分からなくなります。

あまりにも短すぎるあいさつだけのメールは避けた方が無難です。




■メールの頻度

好きな人とは毎日メールしたくなりますよね。

だけど相手にだって、仕事やバイトや学校など大切な用事があります。

メールが届くと少なからず「返信しなくちゃ」というプレッシャーがかかってしまうので、
あんまり頻繁にメールが届くと相手に苦痛を与えかねません。

相手の仕事の状況なども考慮して、毎日メールを送りたくなってもそこはぐっと堪えてください。


■気持ちが重い

好きな人にメールを送っている人の中には、メールというツールを使って相手にアピールしようと考えている方もいるのでは?

そのアピール方法は決して悪くありませんが、あまりにもメールから好意が出すぎていると、相手は引いてしまいます。

メールを使って相手にアピールする時は、好意はほんのり香らせる程度にとどめておきましょう。

その方が、相手もあなたのことを意識しだすきっかけになります。

返信率もぐんとアップすること間違いなしですよ!




■おわりに

せっかく好きな人と交流する手段であるメールで、悪印象を与えるなんてもったいないことです。

両思いでも片思いでも、人と付き合う上で大切なのは「相手を思いやる気持ち」。

相手の負担にならないメールを意識して、あくまでも”さりげなく”あなたをアピールしてください。

それだけ気をつけていれば、きっと返事は届きますよ!
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】