メールでさりげなくアピール!大好きな人と距離を縮めよう♪

a1180_009237


メールやLINEなどは、好きな人にアピールするための絶好のツールです。

学校や職場などの大勢の場では二人で親密な話はできないけれど、メールやLINEでは二人だけで話すことができます。

メールやLINEを送りたいけど、初めになんて送ったらいいかわからない!

そんな人のために送り始めのメールテクニックをお伝えします。




■最初のメールに有効なメール文 編

一通目からグイグイ押してしまうと、相手が引いてしまう恐れがあります。最初は様子を伺ってみましょう。

「久しぶり~、今度の○○の集まり行くー?」

行事の打ち上げや、飲み会などの共通の集まりがある場合はそれをテーマに送るのがいいでしょう。


「明日の宿題・持ち物(など)教えて~!」

学生の場合で、相手がきちんとしている人の場合はこれでも良いでしょう。ただし、自分がズボラな人だと思われることもあるので気をつけましょう。

さらに返事がきたあとの話題転換の技術は必要になります。何を話すか決めてから送りましょう。


「久しぶり~、元気?最近何しているのかなと思って連絡してみた!」

同じ学校や職場にいない場合や、あまり会っていない場合、ストレートにこう送ってみるのもOKでしょう。

ただし、好意は少し伝わると思うので、思い切って送る勇気が必要です。




■きっかけづくり 編

上のようにストレートに始めるのが恥ずかしい人は、意図的にきっかけづくりをして送ってみましょう。


・間違えて電話をかける(着信履歴を残す)
 →「ごめん!間違えて電話かけちゃった~!」

かなりあざとい手段ではありますが、相手が自分に興味がある場合やメールが好きな人の場合は「大丈夫だよ~」などの返事が返ってくることでしょう。

そこから話題を広げればOKです。

強引ですが、不自然ではなくきっかけづくりとしてはかなり有効です。


・相手の趣味を周囲にリサーチする
 →「ねえねえ、○○好きって聞いたんだけど私も好きなんだ!こないだのライブ行った?」など

趣味を共有するのはそのあとの会話的にも盛り上がること間違いなしです。

相手の好きな音楽、映画、スポーツなどをリサーチして自分も詳しくなる努力をし、相手と共通の趣味を持ちましょう。




■おわりに

最初のメールって緊張しますよね!

でも、動かなければ始まりません。

勇気を出して、相手にメールを送ってアプローチしてみましょう!^^
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】