実は自然な感情?イケメン・美人好きで何が悪い!?ってトコ!

a0001_015962


「イケメンが好き」「美人が好き」というと人間性を疑われてしまうことが多々ありますが、実は、イケメンや美人が好きという感情は、自然な感情といわれています。

今回は、イケメン・美人に心が魅かれてしまう理由をご紹介します。




■脳が決めてしまっている

「イケメンが好き」
「美人が好き」

という感情は、実は脳が遺伝的に決めてしまっている感情といわれています。

そのため、「イケメン・美人好き」だとしても必ずしも人間性を疑うことではないのです。

ただ、人間は必ずしも外見だけが判断の対象となるわけでも、性格や内面だけを判断の対象とすることだけがよいこともありません。

相手の良さをバランスよく判断できるようにしましょう。


■25歳からは生き方が顔にでる?

容姿は先天的な要因が大きいと考えられていますが、実は25歳を過ぎたら、自分の顔には自分で責任を持つ必要があるともいわれています。

自然に生き方が容姿に出てくるようになります。

それなりに自信を持った人の場合、魅力的な容姿になってくるので、25歳を過ぎた相手を判断する際に、容姿を基準にするのは、あながち間違ったことではないといえるでしょう。

又、容姿が今一つ自信がない人も「容姿に自信がない」と落ち込むのではなく、自分に自信を持つようにするだけで、他者が感じる第一印象を大きく変えることができます。
 




■自分のためにイケメン・美人が好きならばOK

自分が「イケメンが好きだから」「美人が好きだから」という単純な理由ならば、なんら問題がありません。

しかし、中には「人に自慢したいから」という理由からイケメンや美人と交際したいと、願う人がいます。

こういった人の場合、友人などに自分の恋人よりもさらに容姿のよい恋人ができてしまうと、途端に、物足りなさを感じるといわれています。

「容姿がよい恋人が欲しい」と思う際、何故そう感じるのか少し考えてみましょう。



■容姿だけの問題ではない

「容姿のよい人と交際したい」と思う人の人間性を否定されることが多くなりますが、

「収入がよい」
「よい企業に就職している」
「性格がよいから」

というような理由で恋人を選ぶ人もいます。

この場合も容姿の時と同様に、何故、その条件で相手を選んでいるかを振り返ってみましょう。




■おわりに

恋人を選ぶ時には、自分のためだけに条件を決めることで、他人と自分のパートナーを比較せずにすむようになります。

結果として絶対的な幸福感を得ることができるので、より幸せな人生を歩むことができるでしょう。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】