自分らしい自分になろう!自信をつける魔法のことば!

a0055_000171


「自分自身に対して自信がある」かたがうらやましいと思ったことはありませんか?

自信は一種のポジティブの表れ。

自信過剰や自己過信では困りますが、ある程度の自信は必要です。

自信は簡単なことから育てることができます。
それは「褒める」ことです。

まずは自分で自分を褒めるところから始めましょう!

今日は自分を褒める魔法のことば6つをご紹介します。




○「予定通りに起きれた自分偉い!」

朝、目覚ましがなりました。予定通りに起きれましたか?

よし!まずそこで褒めちゃいましょう♪

5分や10分の差は気にしなくても大丈夫です。


○「朝食食べた自分偉い!」

朝食は、一日を始めるうえでの大切なポイントです。そこでもしっかり褒めましょう。

朝食メニューを、たまに外食にしたりスペシャルなメニューにすることで、自分にご褒美をあげるのもGOOD。


○「朝身支度に気を使った自分偉い!」

家を出る前に鏡の前で身支度最終チェックをしましょう。

ネクタイ曲がっていないですか?眉毛まがっていないですか?

簡単にチェックをしたら、鏡の自分を褒めてあげましょう。

チェックしたから安心して外に出れますよ。




○「遅刻しなかった自分偉い!」

遅刻をしない、というのは大人の常識です。

その常識ができているなんてすごくないですか?

もう立派な社会の一員の証拠ではないですか♪


○「朝の挨拶をした自分偉い!」

「おはようございます」の一言を、家族、職場、近所のかたでも、コンビニの店員さんでも良いので言ってみましょう。

自分から挨拶をするなんて、すばらしい。

できたら自分をしっかりと褒めてあげましょうね。



○「デスクを拭いた分偉い!」

出勤したさいには、自分のデスクをさっと拭きましょう。

ついでにパソコンも。

引き出しも簡単に整理して。

朝の数分の片づけは一日の作業をスムーズにします。




■おわりに

以上、魔法のことばでした。

皆さま、すでにお気づきかもしれませんが、この褒め言葉はすべて朝の基本に関してです。

朝がうまくいけば、一日うまくいきます。

朝の自分のスケジュールを直していき、その都度褒めていくことによって、自分に自信がでてくるはずです。

一気に直さなくても少しずつ直せば、みんながあこがれる立派な社会人になれること間違いなし?!
 

お気に入り!


あわせて読みたい