トキメキの保存方法!?長い付き合いで失われる物を取り戻す方法!

a0001_015463


恋人との付き合いが、長くなればなるほど、ある物が失われてしまいます。

ある物を失ったままにしていると、気付いた時には

「気持ちが、すれ違ってしまった」

と別れを決意してしまうこともあります。

今回は、付き合う期間が長いカップルが、失ってしまう物と、失わないためにとるべき行動をご紹介します。




●「思いやり」がなくなる

付き合いが1年以上になると気をがおけない関係になります。

一緒にいて楽ですし、家族と一緒にいるような安心感を相手から得ることができます。しかし、その代わりに失われてしまうものがあります。

それが思いやりです。

イベントの時のプレゼントやサプライズ、そんなものがなくなるだけでなく、「優しい言葉」や「優しい態度」が失われていきます。

「釣った魚にはエサをやらない」

という言葉がありますが、これは、相手が決して悪気があるわけではありません。

問題なのは思いやりが失われてしまったのにも関わらず、黙っている方が実は悪いのです。




●気付かせるのも仕事

思いやりがない態度を相手がとっても、それは、相手が、気を許している証拠なのです。

思いやりがない態度が、日常になってしまっているため、決して自分からは、

「思いやりが足りなかった」

と反省することは稀です。

逆に

「何時もと同じ態度を取っているのに何を怒っているんだ?」

と疑問に思っていることもあります。

この問題を解決するためには、「思いやりが欠けている」ことを気付かせる必要があります。

「思いやりない態度に起らず、黙っているだけ」

という態度では、何も解決しないだけでなく、さらに状況は悪化します。

恋人の態度や言葉が厳しかった時は

「付き合いが長いからって、思いやりがないよ!その言葉!」

と教えて上げましょう。

そう言われて、初めて「ハッ」とすることは意外に多く、大きな喧嘩になることもないので、非常にお勧めです。




■おわりに

黙っているだけ、という方の場合、小さな喧嘩がキッカケで、それまで溜まっていた感情が爆発し、即別れてしまう…。

…ということもあります。

そうなる前にできるだけ早く、2人の間に失われている「思いやり」の存在を教えて上げましょう。
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】