恋愛の基本!恋は焦らずにじっくり攻めるのがポイント!

a0002_007163


多くの女性は、何時もは優しい恋人が急に冷たくなると

「私のことを嫌いになったのかも?」
「新しい恋人ができたのかも?」

とショックでマイナスな妄想が膨らむことが多々あります。

妄想するだけでなく、時には恋人を感情的に責めてしまうかもしれません。

しかし、それでは男性は恐怖心を覚え、百年の恋、と思っていた恋愛も冷めてしまうことがあります。

そこで、今回は恋人の態度が冷たくなってしまった時のNG行動とNG行動をしてしまった時の対処方法をご紹介します。




●これだけは言ってはダメ!NG言動

恋人から連絡がなくなったり、態度が冷たくなってしまうと、不安になる女性は多いでしょう。

様々な妄想が膨らみ、とんでもない行動にでてしまうこともあります。例えば、

・「連絡して!」「何しているの?」というような脅迫じみたメールを頻繁に送る。
・職場の近くで待ち伏せたりするストーカー行為をする。
・「別れるなら死んでやる!」と自殺行為を予告する。


このような言動では彼の心を取り戻せるだけでなく、彼の心を傷つけてしまうことがあります。

まずは、自分が抱いている不安は、事実ではないということを受け止め、焦るのを止めましょう。





●NG言動には心のこもった謝罪

先ほどご紹介したようなNG言動は、人としてやってはいけないことだということを認識してください。
(多くの人は認識していらっしゃると思いますが)

このような行動が、ずっと続くと思うと、男性は逃げ出したくなってしまいます。

そんな彼の心を取り戻すために必要なのは、心のこもった1回きりの謝罪です。

元の関係に戻りたく、何度も謝ってしまう人は多いです。

ですが、「NG言動をとってしまい申し訳なかった」という反省を恋人が感じることはできません。

ぜひ、一回だけ心を込めて謝りましょう。

大切なのは、「してしまったことを彼が許してくれるか?」ではなく、2人の関係を修復することなのです。





■おわりに

人間と人間の関係を修復したり、信頼を取り戻すためには、多くの時間が必要となります。

「恋人の態度が冷たい!」
「恋人を怒らせちゃった」

と焦るのではなく、ジックリと彼の心の傷が癒えるのを待つようにしましょう。


 

お気に入り!


あわせて読みたい