便りが無いのは良い知らせ?恋人からの連絡がないのはよい兆候!

a0002_010696


毎日のようにメールや電話をしていた恋人から、突然、連絡がなった経験はないでしょうか?

そんな時は

「浮気しているの?」
「もう私のことを好きじゃなくなったの?」
「他に好きな人ができたの?」

と不安になられるかもしれませんが、焦っては、せっかくの恋愛が台無しになってしまうことが多々あります。

そこで今回は、恋人からの連絡がない際の対処方法をご紹介します。





●価値観の違いが原因

恋人からの連絡が急になくなる、という現象の原因は、様々ですが、多くの場合が価値観の違いげ原因といわれています。

女性の場合はメールや電話は、2人のコミュニケーションツールであり、非常に大切な存在と考えるケースが多いです。

その大切なコミュニケーションツールでコミュニケーションができなくなると、焦ってしまいます。

しかし、男性の場合は、メールや電話は、基本的に「連絡」を取るためのツールでしかありません。

そのため、交際期間が一定の期間を過ぎると、意味のないメールや電話をすることは不毛と感じてしまうのです。

そのため恋人から連絡がなくなったからといって、慌てずに少し様子を見ることが大切になります。




●信頼関係が構築されている証拠

恋人からの連絡がなくなった、ということは信頼関係が構築されている証拠です。

例えば、結婚生活の長い夫婦が、毎日「愛しているよ」などとメールをするでしょうか?

しかし、どうしても「気になる!」という方は、小出しに連絡をしてみましょう。

まず、1ヶ月は連絡をしません。

それでも連絡がない場合は、軽くデートのお誘いをします。

このメールを無視されてしまったら、2週間、時間をおき、今度は悩み事などを相談してみましょう。

これでも連絡がなければ、恋人が忙しい状況か、恋愛モードではない可能性がありますので、2ヶ月は放置してみましょう。




■おわりに

「便りのないのはよい便り」という諺があります。

連絡がなくても焦らず、慌てずに放置しておくことが、実は最大の恋愛テクニックといえます。

今回、ご紹介した対処法を参考にして、気長に恋人からの連絡を待ってみてください。
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】