三高の一角!高学歴男子を落とすテクニックって?

a0002_006993


一昔、結婚相手にしたい条件として、三高、「高身長」「高収入」「高学歴」を掲げる人がいました。勿論、現在でも三高男子は非常に人気です。

しかし、その中で「高学歴男子」は「気難しそう」「プライドが高そう」「理想が高そう」と倦厭する人が多くなります。

そこで今回は、そんな高学歴男子を落とすテクニックをご紹介します。





●褒めて育つタイプ

高学歴男子は、子供の頃から褒められて伸びてきたタイプの人が多くなり、「褒められる」ことが好きな人が多いのが特徴です。

そのため、高学歴男子の話は、楽しそうに聞くだけでなく、要所、要所で

「凄いねぇ~。●●くんは、よく知っているねぇ~!」
「頭の回転が速いねぇ~!」

と高学歴であることを間接的に褒めてあげましょう。



●好奇心が旺盛な生き物

高学歴男子は、様々な事に好奇心を抱く人が多くなり、自分の知らないことに対して、強い興味を示す人が多いのが特徴です。

特に自分にない特技を持つ女性に魅かれることが多いといわれています。

芸術系や音楽系など、彼の得意分野としていないジャンルの趣味などを極めて、その点を彼にアピールしてみましょう。




●解決欲求を満たしてあげる

高学歴男子は、問題を解決するのが大好きな生き物です。

そんな特性を活かし、問題を解決させてあげることで、解決欲求を満たしてあげることができます。

相談を持ちかける際は、
「尊敬している~~さんだから相談したんだ」
と自尊心をくすぐることも忘れないようにしましょう。



●学歴・年収はノータッチ

多くの男性は、学歴や年収を聞かれると「お金目当て?」と引くことがあります。

特に高学歴男子は、自分の学歴に自信を持っている反面、この話題に対しては敏感です。

そのため、聞かれたり、話を振られるまでは学歴や年収に関しては、知っていても触れないようにしましょう。





■おわりに

今回のテクニックを駆使すれば、簡単に高学歴男子と近づくことができます。

しかし、あまりにも知性が低いような会話をしてしまうと、高学歴男子は、引いてしまいます。

基本的な教養や時事ネタのチェックなどを身に付けることも忘れないようにしましょう。

 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】