気にしないようにはしてるんだけど・・・。彼・彼女の元恋人が気になる時は?

a0003_001576


相手に元恋人がいたら、気になってしまうのは仕方のないことですよね。

しかし、それがまた喧嘩の原因になったり浮気される原因になったりすることも。

やきもちと言えばかわいいですが、なかなか厄介な相手ですよね。

そこで今回は、パートナーの元恋人が気になるときの原因や対処法についてご紹介します。





1.なぜ過去の人が気になるんだろう?

過去が気になる人は、自分がパートナーに愛されている自信がない人が多いです。

だからこそ、過去にパートナーに愛されていた人と自分を比べて惨めな気持ちになるのです。

そして比べるときに、過去の恋人のほうが自分より愛されていたと思い込んでしまうのです。

ですが、それってとても寂しいことですよね。

パートナーの気持ちになってみても、自分はとっても恋人のことを愛しているのに恋人は自分からの愛情を受け取ってくれていないのと同じですから。



2.自分もこうなる運命?

そして、元カレ・元カノを気にする人はパートナーと過去の恋人との恋愛の話を聞いてしまう人が多いようです。

やはり気になってしまいますからね。

しかし、どんなに幸せな過去があっても二人は結局別れてしまっているのです。

その時点で、彼等の関係はもう終わってしまっているのです。

そして最悪なのは、わたしも今はこんなに幸せだけど元カノのように別れてしまうのかな、とか、俺は元カレよりも愛されていないからもっと早く別れるのかな、と過去の恋人との関係に自分を重ね合わせてしまうこと。

これはやっても何にもなりません。

そう思いそうになってしまったらすぐに考えるのをやめておくのが得策です。





3.過去の人と自分を比較すること

先ほど、過去の人と自分を比べることについて述べましたが、過去のと自分を比較する癖がついてしまってなかなか抜け出せない人もいるのでしょうか。

過去の呪縛から開放されるためには、まずは自分の努力、そして次にパートナーに協力を仰ぐ必要があります。

とりあえずは、パートナーに愛される存在として自分で自分を認められるように色んなことに努力してみましょう。

仕事を頑張ったり、資格試験を受けたり、パートナーの趣味に付き合ったり、色んな角度から愛されるのに相応しい自分になるよう心掛けましょう。

もし努力の仕方がわからないという人は、自分でまず「愛される人の特徴」だと思うものを書き出してみて、一つずつ具体的な目標を定めてみるといいでしょう。



4.もうパートナーの過去に縛られない

しかし、そのように努力していても思うように行かない時や目標を達成できていない時はまだ辛いかもしれません。

そのときは、パートナーに協力してもらってください。

こういうことで悩んでいて、愛されるために努力をしている、でもまだ努力は実を結ばないから不安だと伝えます。

そして嘘でもいいから優しい言葉を掛けてほしい、好きって言ってほしい、とお願いしてください。

自分が努力していることをきちんと伝えることが重要です。

これで協力してくれないパートナーはいないはずです。もし、非協力的なら付き合いを考え直したほうがよさそうですね。





■おわりに

人と比べることはほとんどいい結果を招きません。

比べるのは心が弱っているときであり、そんなときに比べたっていい結果になるわけがありませんから。自信を持って愛されたいですよね。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】