愛の巣選びの重要点!同棲する家を選ぶときにチェックしたいこと!

a0001_008022


憧れの同棲を前にいくつかやらなければならないことがありますよね。

その一つがお部屋探し。楽しい暮らしにするためにはお部屋探しも侮れません。

そこで今回は二人の生活に彩りを添える、お部屋を探すときのヒントをご紹介します。




1.間取りは2DK以上が無難

同棲をするときに1DKを選ぶカップルもいるようですが、実際暮らしてみるとダイニングを除く部屋が一つしかないのはかなり不便です。

家を出る時刻や帰宅時間が違うとそれだけで睡眠時間や趣味の時間にも関わりますし、お互いの生活リズムも大きく変えてしまいます。

お互いの存在が邪魔にならないようプライベートは確保しましょう。



2.都会なら駅からの距離は10分以内

駅からの道が遠いと疲れてしまいます。

朝もより早く家を出なければなりませんから駅からの距離は軽視できません。二人で出掛けたり、買い物をしたりしたときにも家と駅が離れていると不便です。

また、お迎えも気軽に行けないので帰りが遅くなったら心配ですよね。

お互いの大事なお部屋に帰りたくならないように駅近の物件を選ぶといいでしょう。




3.二人が納得できるスーパーがあること

金銭感覚のズレは二人の仲を引き裂くことがあります。

そうならないように、お互いに納得できる価格帯のスーパーが近くにあるといいでしょう。

金銭感覚のズレが一番出やすいのは生活必需品。

洋服や趣味のものはお互い自分のお金で買うので文句はいえませんが、生活必需品にかかるお金は恐らく二人一緒の財布から出て行くので気を配りましょう。


4.初期費用や引越し代金などのお金

新生活を始めるにあたって、想像以上にお金がかかってしまうと気持ち的にもスッキリ新生活を迎えられません。

お金が飛んでいくとそれだけで気持ちもトーンダウンしてしまう、という経験は誰にでもありますよね。

そこから傷穴が広がらないように予算を多めに見積もっておきましょう。

初期費用が抑えられれば、家具に充てることもできますよ!




■おわりに

いかがでしょうか。

もっと細かいことは色々ありますが、まずはお互いが気持ちよくスタートを切れて価値観のズレを感じないことが長続きする秘訣です。

ぜひいいお部屋を探して、今よりもっと仲を深めましょう。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】