これで完璧!恋人に「親に会わせたい」と思ってもらえる大人になるために!

a0003_000577


結婚適齢期に差し掛かってきたら、恋人がいようがいまいが気にしたいのは、恋人の親にあっても恥ずかしくない大人かどうかということ。

大人になるとそこも考慮して恋人を選ぶという人も少なくありません。

そこで今回は、親に会わせても恥ずかしくないと恋人に思ってもらえるような大人になる方法についてご紹介します。




1.言葉遣いは当たり前、普段から出来る人間になる

当然のことですが、普段から場違いな敬語を使ったり失礼な言葉遣いをしたりしないことは最も重要です。

言葉遣いはその人の性格が出ます。

どんなに取り繕っても言葉は誤魔化しきれない部分があるので、普段何気なく使っている言葉を見直したり、少しでも不安な言い回しがあったらその都度調べたりして適切な敬語が使えるようにしておきましょう。



2.服装も年相応のものを

時々街中でも見かけますが、服も年相応のものを選んで身につけましょう。

いつまでも若すぎる格好をしたがる人は精神的な年齢が幼いように思われてしまいますし、逆に地味すぎるものを選んだりすると印象も心も地味になってしまいます。

恋人のご両親に会うときにも、きちんと年相応の服装やメイクで行けるように普段から心掛けて物を選びましょう。




3.食事のマナーも重要

もし恋人のご両親に挨拶に行くことになったら、食事に誘われるというケースも珍しくありません。

そのときに綺麗なテーブルマナーを身につけていると見栄えもよくなります。

恋人とのデートでも、テーブルマナーがしっかり身についているところを見せることができれば両親に合わせても恥をかくことはないと安心してくれるでしょう。


4.冷静で常識的な行動を取れること

咄嗟のときに常識的な行動をとることができることは非常に大きなその人の力だと思います。

たとえば人が倒れてしまったとき、オロオロしてしまうか人を呼ぶか。その二つの行動には大きな差があります。

自信がなければ色んなケースを想定して自分ならどうするか考えてみましょう。

咄嗟の行動が常識的な人であれば、ご両親に会わせても大丈夫だと思いませんか?




■おわりに

いかがでしょうか。

恋人がご両親に会わせても大丈夫だと思ってもらえることを主軸に置いて書きましたが、これらのことはそれだけでなくとも大切にすべきことです。

普段から自分を磨いていきましょう。
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】