恋愛の上級者は嘘を見抜く!嘘をつく時の4つの特徴!

a0002_009247


恋愛において、なによりも大切なのが「信頼」です。

そんな信頼を打ち壊すのが、「嘘」です。時には嘘に嘘を重ねられ、お互いの信頼関係が崩壊してしまうこともあります。

そこで、今回は、相手の嘘を見抜く4つの方法をご紹介します。




●視線の向きをチェック!

右利きの人が嘘をつくときは、左脳で嘘を組み立てるといわれています。

そのため、嘘をつく時、視線が右上を向くことが多いようです。

相手の視線が、不自然に右上を向いている時は、嘘をついている可能性かもしれませんので、チェックしてみましょう。

又、視線が、定まらず、キョロキョロしている時も嘘をついている可能性があります。


●返事のレスポンスが早い!

相手と会話する時、相手の会話のテンポが何時もと違う時は要注意が必要です。

例えば、「3日は、仕事で残業していたよね?」と聞いた時、不自然なぐらい即答する場合や、「そうそう」「うんうん」というように言葉を重ねた軽い相槌をする時、嘘をついている可能性があります。

「怪しまれないように」という深層心理から、話を早く終わらせるために何時もと違うスピードで会話をすると考えられています。




●顔のシワはうそ発見器?

嘘をつくことに慣れてしまっている人も、嘘をつくことで、心に軽いストレスを感じるといわれています。

そのため、自然と眉をひそめたり、額に小さなシワが寄ることがあります。

逆に、目尻にシワが寄るように笑うことは難しく、自然な笑顔とされています。

この笑顔を浮かべている時は嘘をついていないと、考えてもよいでしょう。


●目を合せない時は要注意


目をじーっと見て相手と向き合った時、数秒で、視線を反らす場合は、なんらかの嘘をついている可能性もあります。

罪悪感がなければ、目をそらさず「なに?」と聞いてくるはずです。

ただ、罪悪感から目を合せられないという以外に「恥ずかしい」という感情から目を反らしてしまうこともあるので、あまり過信しすぎない方がよいでしょう。




■おわりに

嘘をつかれることは、非常に悲しいですが、時には二人の関係のために必要な嘘、という可能性もあります。

嘘を暴き、真実だけを突き詰めることだけが、二人の恋愛関係をよくすることではないことも忘れないでください。

 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】