必ずOKをもらえる?デートのお誘いテクニック

a0002_006291


恋人になる前に欠かせないアクションが 「デート」です。

2人っきりで一緒の時間を過ごすことで、2人の距離を縮めることができます。

ですが、そのデート自体に誘ってもOKしてもらえない、そんな悩みを抱えていら謝る方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、必ずOKを貰えるデートのお誘いテクニックをご紹介します。




●デートと言う言葉を使わない

まだ恋人前の関係の相手をデートに誘う時 「デートに行こう」と直接的な言葉を使ってしまうと、相手は、自分達の関係が変わることを警戒してOKするのをためらってしまうことがあります。

しかし、「一緒にでかけない?」という言葉を使うことで、その警戒心を解くことができ、デートをOKしてもらえる可能性が増えてきます。


●まずは食事デートから

一般的なデートの目的地として「遊園地」「映画」などありますが、最初のデートにこれらを選んでしまうと、一日の大半が潰れてしまいますし、恋人らしいデートになってしまうので、抵抗がある人も多いようです。

そこでお勧めなのが 食事デート です。

休日のランチから始めると、OKをしてもらえる確率がかなりアップします。

又、この時、相手の食の好みを知れば、さらに確率がアップします。




●時間のせいにしない

デートを断る際に使われる言葉として「時間がないんだ」という人もいますが、人生に全く時間がないわけはなく、体のよい断り文句です。

そこで「そうなんだ。また、今度」と引き下がってしまっては、何時まで経ってもデートができません。

そんな時は「じゃあ、いつ時間があるの?」と聞いてみましょう。

その時も時間だけ約束するのではなく、具体的な会う約束をするとよいでしょう。


●お礼という体をとる

いきなり誰かと一緒にご飯を食べにデートに行く、ということに抵抗がある人もいます。

そこで、何かをしてもらったお礼という体を取ってみましょう。

まず
「妹の誕生日プレゼント選びに付き合って」
「パソコンに詳しくないから、一緒に買いに行って」
とショッピングデートに誘ってみましょう。

続いて、後日、
「この前のお礼に」
という言葉を使うと、食事にも誘いやすいだけでなく、OKしてもらいやすくなりますし、二人で過ごす時間を増やすことができます。





■おわりに

デートをお誘いする時、どうしても断られてしまうという人は、少し押しが弱いのかもしれません。

相手の気持ちを思いやれる素敵な人かもしれませんが、時には少し強引にデートにさそってみましょう。

 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】