もうすれ違わない!男女別メールの捉え方大公開!

a0002_002160


大好きな恋人なのに、何故かすれ違ってしまう、そんな残念な状況になったことはないでしょうか。

カップルがすれ違ってしまうのは、お互いの考え方が異なることが分かっていない、というケースが多いです。

そこで、今回は男女別にメールの捉え方の違いを大公開します。




●女性にとってはコミュニケーションツール

女性にとって、メールはコミニュケーションツールと考えており、2人の関係をよりよくするためにアイテムと捉える傾向にあります。

そのためメールをくれるということは「自分を気にかけてくれる」と考えるようで、メールをくれることは愛情の表現である、と考える人も多いようです。

忙しい時もありますが、メールや電話をしないと女性は 「コミニュケーション不足」 と捉え、恋愛関係が上手くいっていないのではないか、と不安になるだけでなく 「浮気をしているのかもしれない」 と、相手を疑う時間が増える傾向にあります。

そのため小まめにメールを送る男性を多くの女性は「マメな人」と好評化をするのです。




●男性にとっては連絡手段

実用的な考え方をする男性にとって、メールは、あくまでも連絡手段にしかすぎません。

そのため、特に用事がなければ、連絡する必要がないし、連絡する価値もないと思っています。

中には「連絡がないのは、無事な証拠」と考える男性もいるようです。

この考え方の根底には、男性は会えない時間、相手に対して信じて欲しいと考える傾向にあるからです。

そのため、メールなどで、相手の様子を確認するのではなく、黙って信じることが美徳と考える人が多くなります。

そんな男性に対して
「なんでメールくれないの?」
「浮気しているの?」
というようなメールを送ってしまっては、悪印象を与えてしまうこともあるので、注意が必要です。




■おわりに

「たかがメール」 と思われがちですが、メールを送る時の意外に相手の気持ちというものは分からないものです。

今回の記事を参考に、大好きな人や恋人が何を考えているか、少し想像してみましょう。

その想像力が2人の関係を良くしてくれます。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】