男女でこれだけ違う?癒しの感覚のチガイ!

a0002_010769


恋愛をする上で、「癒し」は欠かせません。しかし、その癒しは男女によって、捉え方が大きく変わります。

その違いを理解していないため、すれ違ってしまうカップルもいます。

今回は、男女で異なる癒しの感覚についてご紹介します。




●女性は恋人にカウンセラーの姿を求める

女性は、恋人に対して、自分の悩みや不満を聞いてくれるカウンセラーとしての役割を求めるといわれています。

恋人と会話することで、癒される人が多いので、男性はシッカリ会話を聞くよう、努力してみましょう。

又、恋愛は、言葉のキャッチボールで成立していると考えることが多いのも女性の特徴として挙げられます。

そのため、恋人が無言になってしまったり、メールの返事がないと

「怒っているかも?」
「嫌われたかも?」

と不安になってしまうのも特徴です。

相談されたり、愚痴を彼女にいわれた時は、黙って聞いているのではなく、適度に相槌を打つことも忘れないようにしてください。




●男性は無言の癒しを求める

女性と異なり、男性は恋人に対して癒しの存在を強く求める傾向にあります。

そんな男性は、疲れた時、女性とは異なり、何かを話して癒されたい、とは考えません。

静かに、ホッと一息をつきたいと考える人が多くなります。

そのため、女性は、恋人が疲れている時や忙しい時は、相談や自分の話ばかりしないように注意しましょう。

又、恋人が黙ってしまうと、女性は不安になってしまうかもしれませんが、自分でリラックスしている状態ということを想い出し、何か言葉をかける代わりに女性らしい気配りや優しい心遣いを見せるようにしましょう。




■おわりに

お互いの癒しの感覚の違いを理解しておくことで、相手が求めている癒しを与えることができます。

この記事を参考に、恋人やパートナーに対する癒しの方法を見直してみては、いかがでしょうか。
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】