ちょっと待って!同棲を始める前の四か条!

a0002_004080


お試し結婚なんていって、結婚前に同棲するカップル増えていますよね。

結婚して失敗したらその後が大変だし、先に同棲して二人の相性の良さを試しておくのは良いのかも知れませんね。

でもちょっと待って。

同棲って簡単に解消できるだけあって、半年過ぎると別れてしまうカップルも多いんですよ~。

では同棲前に四か条を考えておきましょう!




■親に挨拶するしない?

結婚のときはするべきだけど、同棲のときはいいかも…なんて思っていませんか?

実家との距離や関係にもよるかもしれませんが、挨拶をしないとするといざ結婚になった時イメージは良いでしょうか悪いでしょうか?

責任が無いなんて思われたくなかったら、挨拶はしておくほうがベターです。

それに挨拶には、保証人になってもらえるかもしれないというメリットもあります。


■前もって分担を決めておこう

仕事や学業で忙しくなると、家事はしたくありませんよね。

相手にばかり押し付けてしまわないように、同棲前に役割分担を決めておきましょう。

仕事量や時間に合わせて決めたほうが公平かも。

約束を破ったときの罰など、ルール表をつくっておけばもめてしまったときに解決しやすいですよ。




■お金の計算しました??

同棲って経済的って言われますが、お金はかかります。

それに誰が何に対していくら払うかによって、かなりの確立でもめる原因になります。

同棲を始める前に、お互いの経済状況を話し合い、いくら払えるのか確認しましょう。

誰が生活費を管理するか話し合っておくと、後から楽になること間違いなしです。


■部屋の間取りには要注意

これが一番のミソです。
今まで生活環境が違う二人が一緒に暮らすのですから、ストレスがたまらない理由がありません。

部屋を選ぶときには、一人で過ごすことのできるスペースが確保できる間取りにしましょう。

そうすれば喧嘩したときも、仕事で朝早いときもスムーズですよ。

家が落ち着ける空間になるような間取りが見つかるといいですね。




■おわりに

今まで一人暮らしができていたから大丈夫なんてなめてはいけません。

同棲中に喧嘩やすれ違いが無かったカップルはいません!

ですが前もって対処しておくことによって、かなり同棲が楽になるはずです。

ぜひ上の四か条を二人で話し合ってくださいね。

もしあなたのパートナーが話し合いに協力的じゃないなら、もしかしたらそのパートナーは同棲に向いていないかもしれませんよ…。
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】