男脳と女脳の違いって?これを知っておけばうまくコントロールできるかも!

a0001_014487


同じ人間同士なのに、考え方は違って当たり前だとは分かっていても、同姓だから理解できること、異性が何を考えているのか分からない…!ってこと、ありますよね。

ここではそれを解き明かす男脳と女脳について調べてみました!

 



■1.男性はとても単純?

たとえば女性は恋愛をすると、四六時中相手のことを考えちゃうけれども、男性は違うみたいです。

仕事が忙しくても女性は相手のことを気遣うけれども、男性に関してはあまり構ってほしくないみたい。

とにかく男性は「仕事で忙しいんだ」「あ、そうなんだ、がんばってね」と、軽く流すくらいが好まれるのだとか。

もちろん女性にとっては寂しいですし、なんだか男性本位な気がしますが、これもうまく距離をコントロールする秘訣なんです。

 

■2.あまり深読みしすぎないこと!

女性はありとあらゆることにいろんな意味を考えます。

たとえば、嫌いと言っても、その嫌いにはいろんな意味が込められているように。

しかし男性にとっての嫌いは、”本当に嫌い”なんです。

小悪魔女子ならぬ、小悪魔男子たちではない限り、その言葉にたくさんの意味はあまりありません。

なのでもし相手がよく意味深ことを言っていたとしても、本人にも理解できないまま話していることもあるので、適度に受け流す海のような心を持つことが大切なよう。



 


■3.相手の仕事リズムを知る!

確かに収入額などを聴くのはそれほどいいことではありませんし、そこが重要なポイントではなくは、相手のポジション、忙しい時期などを知ることが重要になってきます。

女性は連絡が取れないだけで悪い妄想に走りがちですからね。しかし男性は、いろいろと忙しい時に詮索されるのを嫌います。

彼の仕事リズムをつかむことで、甘えるタイミングやそっとしておくべきタイミングが次第に理解できてくると思います。

 

■4.過度な期待をしない!

恋人だけじゃなく、誰かにたいして大きな期待をしてしまうのは誰でもあることですよね。

でも期待をしていた分、違った時に受けるショックは大きくなります。

特に女性は、男性に対して強さを求めますが、実は男性よりも女性のほうが精神的に強くできているんです。

なのであまりにも攻めると、彼は相手のことを”敵”だと思ってしまう可能性も。

まったく相手に期待しないのは無理な話ですが、たとえ弱い部分見せられたとしても、包み込んで頭をなでてあげられるくらいの包容力を持てたら、いいお付き合いになるかもしれませんね。

 


■おわりに

いかがでしたか?

どんなに愛し合っている恋人同士であっても、お互いへの気づかいや相手を理解することから始まります。

相手を自分に合わせようとするよりも、相手色に染まろうという気持ちが大きなポイントとなってきます。

ただ、自分色を捨てない程度に、ということを忘れずに。


お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】