女性を口説くには女性を知ろう!女心を理解するための4つのヒント!

a0002_004044


いつもどことなく女性に振り回されてしまうなあとか、女心は難しいなあと感じている男性も中にはいることでしょう。

しかし、女心について理解しておけばそんなお悩みを回避することが出来ることもあります。

そこで今回は女性を理解するために最低限知っておくべき4つのポイントについてご紹介します!

 



1.おしゃべりする量が決まっている!

ずっとおしゃべりし続ける女性にうんざりする男性もいるのではないでしょうか。

返事を求められても困るし、そんなにたくさん話題もない…。

男性が絶望する気持ちは大いにわかります。

そんな女性の相手をするときには「女性はおしゃべりする量が決まっている」と思ってください。

また、返事や相槌はそれほど気合を入れなくても構わない場合もあります。

相談事などは別ですが、女性は「話を聞いてくれている」という事実に満足することが多いので、相槌をきちんと打ってさえいればそれほど大きな問題には発展しないでしょう。

 
2. 共感こそが距離を縮めるヒント!

もし意中の女性と仲を深めたいという場合には、話の中で思い存分共感してあげてください。

もし愚痴であれば味方についてあげましょう。

女性は共感を通してコミュニケーションを図る生き物です。

ですから女性同士の会話に「共感」は欠かせません。

しかし、男性は女性が共感してほしいところで意見を述べてしまうので女性は機嫌を損ねてしまうのです。

ですから、とりあえず共感していることを示し、あなたの味方ですよというメッセージをどことなく漂わせるだけで女性は喜んでくれますし心も開いてくれることでしょう。

 
 


3.言葉と気持ちは裏腹なことが多い!

女性は正直に自分の欲求を口にしない人が多いぶん、「察する」感覚が研ぎ澄まされているので女性同士であればそれぞれの欲求を補完し合うことができます。

しかし、男性はそういった感覚は眠ったままなのに女性は「察して当たり前」と思っているので、察してほしいところで察してもらえないと不満を抱くのです。

「怒らないから正直に言ってみて」「変なふうに思わないから本当に思ってること教えて」などと言って相手の口から言わせる技術を身につけたほうが早いでしょう。


 
4.女として見られることを非常に重視する!

女性にとって異性から「女として見られる」ということは非常に重要なことです。

これを軽視した態度を取るとその女性からは一生冷遇され続けると言っても過言ではありません。

よく冗談で女性に「色気ないな」「お前に欲情なんてしない」などと言う男性もいますが、その女性にとって大きな心の傷になります。表面上笑ってはいてもその女性にとってはひどく冷酷な言葉です。

もし好きな人と仲が良くて冗談も言い合える仲であっても、この類の発言だけは避けましょう。

女性の心は男性が思っているよりもずっとデリケートですよ。


 


■おわりに

いかがでしたか?

女性の心が変わりやすく見えてしまうのはこういった女心のゆらぎや仕組みをよく知らないから起こるだけの現象です。

これらを踏まえて女性と接してみるだけで今までと見え方が大きく変わってくるはずなので、一度試してみてはいかがでしょうか?

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】