禁断の社内恋愛!心に留めておきたいこととは?

a0003_000600


こんにちは。

今現在このページを見ている方で、社内恋愛をしている人、特に社内恋愛禁止の会社に勤めている人。

そういった方もいらっしゃると思います。

やっぱり禁断だからこそ燃え上がる、社内恋愛。

ですが、禁断には禁断なりのルールがあるのです。

そこで今回は、社内恋愛を行う際に心に留めておきたいことをご紹介します。

 



■お互い秘密にしておくのが鉄則!

特に社内恋愛禁止の会社にお勤めの場合は、恋愛していることはお互い、秘密にすると固く約束するのが大切です。

それが発覚した場合、どちらか一人が異動しなければならない、なんて事態も想定しておいて下さい。

また、社内恋愛が禁止でない職場の場合でも、万が一、2人が破局という結果に終わった場合、周囲に恋愛関係にあったことを知られていると非常に気まずい思いをします。

 
■結婚を考えられる相手とだけにしよう!

将来的に結婚を考えられる相手こそ、社内恋愛にふさわしいのです。

遊びの恋は、会社内でするのには不向きですね。

うっかり遊びの恋が上司にバレて、「結婚する気はあるのかね?」なんて尋ねられた日には、もう…。気まずいことこの上なし!

また、同じ理由で社内不倫だけは絶対に止めましょう。最悪、倫理規定に抵触したとされ、処分される可能性があります。
 
 


■バレたら潔く認めよう!

うっかりしたミスから会社バレ!こんなハズじゃあ…。

大丈夫、安心して下さい。潔く認めて、将来は結婚も考えている関係だと伝えましょう。

社内恋愛が禁止でも、結婚するなら大目に見てやろう、という会社は多いもの。

もし結婚までいたらなくても、真剣に付き合った上での破局なら周りも温かい目で見てくれるかも?

 
■周囲には意外とバレバレ!?

会社内で恋愛をしていると、周囲に秘密の合図を決めていたり、時間をずらして退社してから外で会ったりしますよね。

こういうことって、見てる人は見てるんです。

案外、周囲にはバレバレかもしれません。

秘密にできていると思っているのは当人たちだけで、周りはただ黙認しているだけ、ということも?

黙認してもらっているということを前提に、ちょっぴり感謝の気持ちを込めて行動するように心がけましょう。

そうすれば、これからも温かく見守ってもらえるはずです。

 


■おわりに

社内恋愛で燃え上がって、周りが見えなくなり、デートをしたいから仕事を他の人に押し付けて二人仲良く退社…なんてことはしていませんよね?

周りに感謝の気持ちを持って接するからこそ目をつむってもらえるのです。

仕事を円滑に進めるためにも、周囲への感謝は忘れないようにしたいものですね。

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】