あなたは悪くありません!忙しい彼との効果的な付き合い方マニュアル!

a0055_000450


彼が忙しいと言ってメールも電話も回数が私からばっかり……

ちょっと! もう私のこと好きじゃないわけ!? そんな風にぶち切れても状況は悪化するだけですよね。

しかし、そもそも子育てしながら仕事といった事を代表に、女性は同時進行で物事を進められますが、男性にとってそれはとても難しいこと。

仕事モードから恋愛モードに入るのはわりと重労働なのです。

これを念頭におきつつ、忙しい彼との付き合い方を知っておきましょう!

 



■1.こちらも忙しくしておく

「目には目を、歯には歯を」……復讐せよということではありませんよ。

しかし、忙しい男には同じように忙しい女として対応するのが一番なのです。

どうせ待てど暮らせど連絡が来ないならば、好きなようにスケジュールを埋めてしまいましょう。

ジムに通ってボディラインを美しくするも良し、仕事に没頭するも良し、友達とエステプランでも楽しむも良し。

待っている時にはメールすら全然来なかったのに、ふと外出先で携帯を見てみたらなんと着信が!

……こんな経験、一度くらいありませんか?

楽しんでいる間に連絡は来るものです。

彼がいなくともあなたはあなたで楽しみましょう!

これを徹底することで「彼を待ち続ける重い女」になることなく、彼もあなたも幸せに過ごせます。

 


■2.彼との上下関係を作らない

「わあ! 忙しい彼が私のために連絡してくれた!」
「来週の日曜日は友達とランチの予定だけど……せっかく彼が連絡してくれたんだから、彼優先だよね」

無意識のうちに、<「忙しい彼」が私に時間を割いて「くれている」>というような、奇妙な上下関係を作り上げてはいませんか?

これがあなたの心の中だけででも定着してしまうと、それがあなたの言動にも表れ、ひいては彼に伝わってしまいます。

つまり彼の中で「俺が彼女に構ってあげている」という意識が根付いてしまうのです。

忙しいのは彼の都合で、彼の勝手。会えないのは、決して私が悪いんじゃない。

当たり前のことですが、寂しかったり会えない時間が続くと勝手に卑屈になってしまいがちです。

深呼吸して、あなたと彼は対等であることを思い出しましょう。

 


■おわりに

経済力や地位がある男性ほど、若いうちはやはり忙しいものです。

なんの証拠もないうちから「浮気しているんじゃないの!?」と騒いでみてもいいことはありません。

忙しい男に対してゆったりと微笑んでいられる、自立した女性でいましょうね。

お気に入り!


あわせて読みたい