やっていないか要注意!?恋愛対象から外れる4つのダメポイントって?

a0002_002160


意中の人との恋愛を成就させるには、まずその人の恋愛対象として認められることから始まります。

逆に恋愛対象に入っていなければ、どれだけ努力をしても水の泡ですよね。

確かに「友達」から「恋愛対象」に昇格することもなくはないですが、難易度が高いのでそもそも恋愛対象の中に居場所を確保しておいたほうがいいでしょう。

そこで今回は恋愛対象から外れる4つのポイントをご紹介していきます。

これを踏まえて彼の心の中に居場所を作ってくださいね!

 



■1. 知ったかぶりをする

男性は基本的に自分よりものを知らない女性のほうが好ましく思えるものです。

知らないことを素直に「教えて」と言える女性は、同性から見ても気持ち良いですよね。

せっかくなので正直に「わからないから教えて」と行っていましょう。

話しを合わせようとして変に知ったかぶりをするのは100%相手に見抜かれてしまいますし、そうなると相手の気持ちを削いでしまいます。

また、話の序盤はわかって、中盤くらいからわからなくなってくることもよくあると思います。

それであれば、わからなくなった時点で「~まではわかるんだけど、そんなに深い話になるとついていけないから教えて」と言いましょう。

その時に相手のテンションを下げないように、本当に詳しいね、や、面白そう、と付け足して笑顔で教えを求めるといいでしょう。

 
■2. 公共の場で大きな声を出して笑う

たとえば二人でいるときなどに話が盛り上がっているとしても、公共の場であれば大きな声を出すのはタブーです。

男性は外部から見た自分たちを気にする人が多いので、大きな声を出して話したり笑ったりする女性を連れていることを外部の人間に対して恥ずかしく思ってしまいます。

そうなると、彼女として隣に置いておけない人間になってしまいますよね。

また、常識や世間体を重視する傾向も強いのでマナー違反も避けたほうがいいでしょう。

 


■3. 奢ってもらって当たり前という態度を出す

これは常識的にもそうですが、男性はかなり幻滅します。

特に今の若い世代には全く通用しないのでかなり注意が必要です。

デートでは勿論代金を出そうとしてくれる男性も少なくありません。

しかし、一度出すとそのあともずっと出さなくてはなくては、という男性のプライドもあり、それが続くと男性の経済的負担も大きくなります。

それに伴い、男性の焦燥感が嫌悪感に変わり、矛先が女性に向きます。それは避けたいですよね。

また、経済的に自立していないイメージを与えるので、付き合えても結婚相手にはなれない可能性も高いようです。
 

■4. 共通の友人の悪口を言う

基本的に男性は悪口を言う習慣がないので、女性が悪口を言っているのを見るとそれだけで少し身構えてしまいます。

「性格悪い女」として見られてしまい。自分も付き合ったらこんなふうに女友達に言われるのかもしれないと怖くなってしまいますよね。

また、性格が悪いように見られるだけではなく、普段から批判的にものを考える人間なのだとも捉えられてしまいます。

喧嘩になりやすそうな女性とは深い仲になるのは避ける傾向にありますので、いずれにせよ男性の前で悪口を言うのは御法度です。

 


■おわりに

いかがでしたか?

男性は意外と繊細な生き物ですので、扱いには注意が必要です。

女友達と同じように接していてはなかなか深い関係を築けないので、男性をきちんと理解して距離を縮めていきましょう!

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】