2人きりの時には…是非とも活用したい(活用されたい)ボディタッチの法則!

a0002_007797


ボディタッチの法則は昔から健在ですが、あなたは実践したことありますでしょうか?

合コンとか飲み会で使ってみたり、二人きりの時に利用すると、より一層の効果が期待できます。

せっかくですからこのボディタッチ法則を、もう一度見直して実践してみましょう!

 



■力加減を適切に!

相手によって使い分けが必要ですが、ボディタッチには相手との心の距離を縮める効果があります。

しかし、ボディタッチにも色々なタイプがありますよね。

①ポン、と軽く叩くようなボディタッチ
②サワッと触れるようなボディタッチ
③ドン、と力強いようなボディタッチ

他にも色々あると思います。

それでは、どのようなボディタッチが効果的なのでしょうか?
 


■男女別にいろいろある

①のボディタッチは、男女兼用

相手とそこまで親密になっていなくても可能です。

「あなたと仲良くなりたいんだよ」といったような意思表示をすることが出来ます。

②のボディタッチは女性向け

男性から女性にサワっと触れるようなボディタッチをするのは、人によっては嫌がられることも。

逆に女性から男性に使うのであれば、か弱さもアピールできて一石二鳥です!

③のボディタッチは男性向け

普通にボディタッチをしては「セクハラ」と思われる危険が伴います。

女性はあまり気にしなくても、男性にとってはこれは死活問題!

セクハラ野郎、みたいなウワサがたっては困るものです。

そういった時に効果的なのは、若干パワフルなボディタッチ。

「下心で触ってるんじゃないんだよ」という印象を与えることが出来ます。

ただし、女性は思ったよりもか弱いですから、あまり痛くならないようにしてあげてくださいね!

 


■ボディタッチの基本

いかがでしたか?

ボディタッチの法則の基本を軽くお伝えいたしました。

これなら、気軽に実践できそうですよね。

ちなみに男性同士、女性同士でも、「仲良くなる」という点においてボディタッチは有効なようです。

是非活用してみて下さいね!

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】