都合のイイだけの女なんてイヤ!彼に大切にしてもらう3つの習慣!

a0002_004127


「彼のことは好き。だけど、なんだか彼の言いなりになっているような……私が会いたい時にはいつも会えないし……」

はい、自分でもそう感じてしまうなら、それはズバリ「都合のいい女」になっている可能性があります。

どうせ好きな彼と付き合うなら、勿論大事にしてもらいたいですよね。

そのためには普段からの3つの習慣がとても大切になります。

都合のいい女から脱却する方法でもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 



■1.「彼に合わせる」という発想を捨てる

例えば、今日は水曜日です。女友達から今週の日曜日に集まろうというお誘いがありました。

彼からは今のところ、何のアクションもありません。

さあ、あなたはどうしますか?

彼に確認してみる、彼がいいって言ったら誘いを受ける。

これでは都合のいい女として扱われかねません。

休日でも好みでも、すべてを「彼に合わせる」という発想は捨てましょう!

この例で言うなら、あなたのスケジュールはあなたのものです。

金曜日になってから「日曜日に会おうぜ」なんていう彼には、「ごめんなさい、日曜日は予定が入っているの」と伝えればそれでOKです。

すべてを自分に合わせてくれる女性は、男性にとってラクですが、リスペクトはできないもの。

恋愛だけでなく、自分の世界も大事にしましょうね!
 

■2.メールには即返信!?

これは「いい子」な女性にありがちです。

「メールには即返信しないと心配するよね」と携帯が鳴ったら即飛びつく。

そんな反応は、仕事だけで十分です。

趣味やすべきことに熱中していたら、「あら、メール来てたんだ」。

これくらい軽くて大丈夫。

三日間メールほったらかし、ではさすがにダメですが、携帯にしがみついているのも「彼に大切にしてもらう」という点ではあまりおすすめしません。

 


■3.ダメなことはダメと伝える

「お金貸して」といったディープな話はもちろん、「明日の予定キャンセルして、俺と会ってよ」いうような話まで、ダメなことはダメときちんと伝えましょう。

イメージとしては、自分の彼氏を友達の彼氏として見てみること。

友達の彼氏が「明日の予定キャンセルして、俺と会ってよ」なんて友達に言っているとしたら……「そんな男やめなよ」と伝えたくなりますよね。

一歩引いて、自分の彼氏を見る。俯瞰の視点も大切にしましょう。

 


■おわりに

すべての女性は、本来男性から大切にされる存在です。

「都合のいい女でもいいから彼の傍にいたい」なんて言わずとも、ちょっとした習慣で彼の「大事な女」にはなることができます。

彼から大切にされ、幸せな毎日を送りましょうね!

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】