「付き合ってください!」告白メールのありがちな経験6つ大特集!

a1180_009235


やっぱり告白は対面じゃないと!という方は多いと思います。

しかし、面と向かっての告白はなんだかハードルが高い気がして、メールやLINEで告白することも、ここ最近ではしばしばあるようです。

そこで今回は、告白メールに関するあるあるを調べてみました!

 



■何時に送るか、真剣に悩んでしまう

実際の告白でもどうようですが、いつ、どのタイミングで送るのかというのはとても重要ですね!

相手は今なにをしているんだろう?ベストなタイミングなのかな?と、気を使ってしまいます。

相手が全くその気がないタイミング(お笑い番組を見ている)などは避けられると良いのですが…。

 
■夢中になって文章を打って長文になってしまう

好きな気持ちが爆発しすぎて、長文になってしまう。あると思います!

あれも伝えたい、これも伝えたい!と、伝えたいことが募るとどうしても長くなってしまいますよね!

 
■顔文字を使うか絵文字を使うか迷う

好きだからこそ、絵文字を使っていいのか、顔文字を使うべきなのかなど、色々な事を考えてしまいます。

真剣さを伝えるために絵文字なし!のほうが良いのかな?などなど。

相手にどう受け取られるだろう?と心配にになりますよね!

 


■何回も書き直して何が言いたいのかわからなくなる

これもあるあるですね!

何回も書き直して、文脈がごっちゃになってしまったり…。

しかも書いてる途中に文章を間違って消してしまったりという事も・・・。

送った後に誤字脱字などを発見してしまったりするとガーン!となってしまいますよね!

 
■返事が来るのが遅いと不安になってしまう

あれ?変なコト送っちゃったかな?などと余計なコトを考えてしまいます。

メールであれば既読がないからまだしも、LINEで既読スルーなどをされた時はもう、内心ハラハラですよね(汗)

 
■真夜中に書いたメールを、朝見直したら恥ずかしくなる

真夜中に気分が高まって、熱いメールを書いて勢いで送ったにも関わらず、翌朝見直してみると…。

なんてこと送ってしまったんだぁぁぁ!と後悔してしまう事、ありますよね!

真夜中のテンションで起こるあるあるミステリーですね!

 


■おわりに

いかがでしたか?

今回は「告白メール」について調べてみました!

体験したことのある内容はありましたか?

でも、告白メールって書いてるときはとっても楽しいんですよね♪

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】