思わずキスしたくなる?!うるツヤ唇をGETする方法!

a0003_000551


唇がガサガサで、口紅を塗ってもつやつやにならない。
唇の荒れが気になって彼とのキスに集中できない・・・

そんな悩みを持つ女性は多いと思います。

ただリップクリームを塗るだけでは唇はケアされないんです。

今回は唇がうるツヤになる方法を調べてみました!



●やってはいけないNG行動

・食後の食べかすや脂をそのままにする

これは絶対にNGです。そのままリップクリームなどを塗ると唇が荒れる元になります。
食後は必ず唇を拭いて綺麗にする癖をつけましょう!

・寝る前にリップをつけたらダメ!

寝る前につけると、寝ている間の唇の呼吸が妨げられるので辞めましょう。
睡眠を妨害されると、唇どころかお肌にも悪影響が出てしまいます。

・乾燥したからといって唇を舐める

乾燥する人は特にやってしまいがちですが、これは絶対にNG行為。
舐めることでより水分が奪われやすくなり、皮がむけやすくなります。

・リップクリームを頻繁に塗る

適度に塗るぶんには問題ないのですが、リップクリームは本来唇が放出する必要のある水分なども閉じ込めてしまいます。
あまり頻繁に塗らないようにしましょう!



●うるツヤ唇に効果的なお手入れ方法!

それでは、具体的なお手入れ方法ですが、

①クレンジングオイルで円を描くようにマッサージしながらきちんと口紅をオフします。
これをしないと、色素が沈着してしまって、唇の色が悪くなってしまうんです。

②唇に純粋ハチミツを薄く塗って、ラップで包んで10分間パックをします。
ハチミツに含まれる栄養素により、保湿と同時に栄養補給がされます。

③寝る前は化粧水や美容液を指で軽くつけます。
唇もお肌と同じで保湿が大事。あまりタップリでなくてもOKですので少しだけつけてあげましょう!

この3ステップを続けるだけでかなりしっとりとした唇になります。
また、唇の乾燥にはビタミンB2が豊富な食品をとるのが効果的です。

ビタミンB2は、目、皮膚、口の中の粘膜を正常に保つはたらきをするそうです。

逆に、ビタミンB2が足りないと、唇の両端がただれたり、唇が荒れたりすることもあるようです。

■ビタミンB2を多く含む食品

ビタミンB2を多く含む食品としては、
・レバー
・うなぎ
・納豆
・卵
・ブロッコリー
・ホウレンソウ

などがありますので、ぜひ積極的に摂取しましょう!



■おわりに

いかがでしたか?

とにかく高いリップクリームを買っていた人は是非ハチミツを買いましょう!

大切な事は、内側から乾燥しない唇をつくることです。

是非、見ているだけでソワソワするような魅力的な唇を目指してくださいね♪


お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】