「これはキツい…」今まで経験したことあるみんなの告白「ツラい経験」8選!

a0001_016474


告白をする回数って人生ではある程度限られていますよね!

そのぶん1回の告白は「人生の大イベント」のひとつになることが多いです。

しかし、思いを伝えることにはリスクが伴う事も…。

そこで今回はみんなが体験した告白「痛い経験」をネット上から調べてみました!

 



■「返事は後日」と言っていつまでも返事がない

これはツライですね…。

返事を「もう少し、もう少し…」とどんどん先延ばしされてしまうパターンです。

「少し時間ちょうだい?」と言われた場合、相手のことを思って、また、すぐの決断を迫ることをためらってしまうとこのパターンにハマってしまう事も…。

 
■告白の時に緊張してかみまくった

痛い経験、として見受けられたのがこの「噛みまくった」というもの。

ですが、緊張して噛んでしまうのは誰にでもあること。

これはあまり気にしなくて良いのかもしれませんね!

 
■告白の時に緊張して何も言葉が出てこなかった

た…確かに…。

好きな人を普通に話すだけでも緊張することがあるのに、告白となってしまうと頭が真っ白…となってしまうコトも。

 
■酔った勢いで不本意な告白をしてしまった

おぉ…これはオトナならではの告白パターンですね。

朝起きたら「あれ…なんで告白しちゃったんだろ…」と後悔することもあるようです。

 


■告白した次の日には周りの人がみんな告白したことを知っていた
 

「うわー、そんなのないよ!」と思ってしまうような経験ですね。

告白する側も勇気を振り絞って告白しているので言いふらすのはダメ、絶対!

■告白したが、遠まわしすぎて伝わっていなかった

自分としては告白したつもりでも、遠回しすぎて相手が「???」となってしまうパターン。

告白のつもりで話していたのですっごいドキドキしたぶん、伝わってなくて「ずーん…。」

 
■100%両思いだと思っていたのにフラれた

相手が魔性の魅力を持っていたのでしょうか…。

両思いだと思ってたのにフラれるって胸が苦しいですね…。

 
■告白する前に自分が相手のことを好きなことが噂で広まる

「誰だー言いふらしたの!」と叫びたくなるような状況。

自分から告白のタイミングも作りにくくなってしまいますし、途方に暮れてしまうかもしれません。

「絶対内緒ね!」「うん、大丈夫!私口固いから!」からの流れでこういう事故が起こってしまうケースが多いみたいです。

 


■おわりに

いかがでしたか?

今回はみんなが体験した「告白・ツライ体験」をまとめてみました。

好きという気持ちや、告白しようという想いは本人にとって大切なイベントだったりしますから、茶化したり邪魔したりはしないようにしたいものですね!


お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】